「日本の寺子屋」体験講座

柿の葉ずしづくり体験

先人の知恵が詰まった柿の葉ずしを、作って食べる。

柿の葉ずしは、江戸時代中期ごろから奈良吉野地方の各家庭の夏祭りのご馳走として作られていたようです。

柿の葉ずしは、近隣に海のない吉野地方で魚を食すために、塩漬けにし、塩辛さを減らすため白飯にのせ、さらに殺菌効果もあるといわれる柿の葉でくるんだ食べ物です。作った後三日間くらいは食べることが出来たようです。

そんな先人の知恵が存分に詰まった柿の葉ずしを、作って、実際に味わってみてください。


柿の葉ずしづくり体験概要

体験内容 柿の葉ずしづくり体験
奈良名物の“柿の葉ずし”を作成過程をご体験頂き、実際に“柿の葉ずし”をご試食頂けます。
会場
所用時間
参加可能人数受付最小人数10名様以上(※詳細要相談)
費用お見積もりいたします。
交通 バス送迎可能【別途費用ご負担いただきます。】

柿の葉ずしづくり体験ギャラリー

※クリックすると大きい画像が表示されます。

※写真は全てイメージです。



こちらの体験に関するお問い合わせ

問合せ先一般社団法人 日本の寺子屋【担当:秋葉】
住所奈良県橿原市今井町1-10-9
電話番号050-3738-6673
E-maily.akiba_lukes@lukes-japan.com

橿原市及び近隣のホテル・旅館のご案内も致します。


ページのトップへ戻る